HOME>ORIENT>ORIENT NEO70's WV0121UG
ORIENT NEO70's SPIN WV0121UG オリエント ネオ70
ご注文はショッピングコーナーからどうぞ。動画
オリエント NEO70's SPIN レトロ感あふれるモデルが新登場
丸みを帯びたケースや大胆なスピン目を施したダイヤルなど
70年代のテイストを現代的なスタイルにアレンジしたカジュアルウォッチです

「オ リエント Neo70’s」は、きれいにまとまり過ぎず、遊び心のあるカジュアルなファッションスタイルを好む若者をターゲットにしたクォーツ時計の新シリーズで す。オリエント時計らしいカラーリングとデザインを採用した、若者のファッションに対応するメンズカジュアルウォッチを提案いたします

オリエント Neo70’s」は、オリエント時計のDNAである1970年代の機械式時計のデザインテイストを、力強い現代的なスタイルにアレンジした時計です。「オリエント Neo70’s」の第2弾として発売する『ORIENT Neo70's SPIN』は、70年代風の丸みを帯びたレトロなケースと大胆なスピン目*を施したダイヤルが特徴のカジュアルウォッチです。

本モデルは、約39mmという適度なケースサイズを採用し、さまざまなシーンで着用いただ けるアイテムとなっております。ダイヤルとインデックスは、大胆に配したスピン目が特徴で、大きめのインデックスの中で存在感を発揮します。さらに、オリ エント時計が70年代に使用していた、懐かしの「クォーツマーク」を使用しています。また、日付と曜日の表示では、それぞれを分割させることで、視認性を より高めています。バンドにも、腕に馴染みやすい70年代風のピッチの細かいバンドを採り入れることによって、レトロ感溢れるモデルとなっております。

* スピン目とは文字盤の表面仕上げの際に、回転する砥石の歯を斜めに当て縦に引く処理を行うことで、うずまき扇形状が連続して作られた模様のこと。この反射 によって光沢感と立体感が増し、より高級な雰囲気となることから、1960-70年代の機械式時計の文字盤によく見られた。


ORIENT NEO70's WV0121UG オリエント ネオ70

ORIENT NEO70's WV0121UG オリエント ネオ70

ORIENT NEO70's SPIN WV0111UG オリエント ネオ70

ORIENT NEO70's SPIN WV0111UG オリエント ネオ70
↓暗所での視認性のイメージ。
ORIENT NEO70's WV0121UG オリエント ネオ70



拡大写真やカタログの色と実際の色は、多少異なる場合がございます、ご了承下さい。
上記の製品仕様は予告なく変更することがあります。
Copyright(C) タナカ時計店 All Rights Reserved.
無断転載・複製を禁じます。 
トップページへ時計・用語解説お買い物方法お問い合わせこのページを閉じる