HOME>ORIENT>ORIENT STAR WZ0051EJ
オリエント・スター・クラシックWZ0051EJ
ご注文はショッピングコーナー、またはご注文フォームからどうぞ。

オリエント・スター・クラシック・トノー型モデル。
その名には、多くの人々の願いがこめられている。オリエントスター。
時は河の水のように流れ去るものではなく、それが、山のように積み重なると知るには、それこそある年令か、豊かな感性を必要とする。日本の精密機械産業は、第二次世界大戦の大きな影響により、その産業の土台を築き直すために数年の月日がかかった。そんな状況下、1951年(昭和26年)オリエントスターは誕生した。デザイン、部品のひとつひとつの調達、製造、それらのすべての点で「輝ける星」と呼ばれる腕時計を作る。これが技術者たちの願いであった。NHKが初のテレビ実況中継を行い、手塚治虫が「鉄腕アトム」の連載を始めた年。
輝ける星、オリエントスターは誕生した。
立体形成されたダイヤル、針(秒針、分針)、植字を採用し質感が向上。
緩やかにラウンドしたケースとガラスのやさしい表情が特徴的です。
自動巻き(手巻きつき)、秒針停止機構が採用された新ムーブメントを採用。
ゼンマイ残量がわかる「パワーリザーブ表示機能」を搭載
安心の10気圧防水。

主な仕様
□機械式自動巻き、以下ムーブメント仕様
機械式: 自動巻き(手巻付)、22石
精度: 静置精度 日差+25秒〜−15秒
駆動時間: 40時間以上(最大巻上げ時)
振動数: 21,600/h(6振動)
耐磁一種、秒針停止装置、パワーリザーブインジゲータ

□日付修正ボタン(2時方向)
□ケース&ブレス ステンレススティール
□シースルーバック(クリスタルガラス)
□ガラス 両球面クリスタルガラス
□防水 10気圧防水 
□ケース直径 約38mm(横方向、リューズを除く)
□厚み 約13.1mm
□バンド プッシュ三ツ折方式 


オリエント・スター・クラシックWZ0051EJ

オリエント・スター・クラシックWZ0051EJ








拡大写真やカタログの色と実際の色は、多少異なる場合がございます、ご了承下さい。
上記の製品仕様は予告なく変更することがあります。
Copyright(C) タナカ時計店 All Rights Reserved.
無断転載・複製を禁じます。 
トップページへ時計・用語解説お買い物方法お問い合わせこのページを閉じる